2015年05月28日

竹寺と十六の井と裏道と

まだもう少し時間があったので(きょうはいくつかのクラスがキャンセルになり仕事の始まりが遅い)、6/15の同僚連れてくイベントの下見もかねて、竹寺、報国寺に。
  
 
おお。ここもたしかになかなかだ。
平日というのに昼過ぎると人は多いのがちと残念。また今度早朝に(といっても開門9時)に来ようかしら。
ここにも彼らを連れて来たいなあ。竹はオリエンタルな雰囲気満載だし。今の季節は最高だと思う。盛りだくさんすぎて忙しいツアーになりそうだけど、なんとか効率のいいルートを考えよう。
2015-05-28 12.42.34.jpg

報国寺の入り口

2015-05-28 12.45.07.jpg

2015-05-28 12.45.34.jpg

2015-05-28 12.48.01.jpg

竹を見ながら抹茶を飲める茶処

2015-05-28 12.50.34.jpg

タケノコ時代の皮がまだあるってことは、まだ若い竹。でももう既に周囲の竹と変わらぬくらい高くなってる。少し細いけどね。
2015-05-28 12.54.22.jpg

報国寺の出口。鎌倉のお寺の何がいいって、深い緑に囲まれているってとこだな。
  
  
そしてルートと言えば、チャリでも人や車がうっとうしくない経路を開拓しよう、と、今日は色々新しい道を試してみる。修学旅行生が死ぬほどいた小町通りは論外、若宮大路もうっとうしい。てことで由比ヶ浜方面からは大町の方を通る。報国寺に行くにも、完全に裏道。でもこの裏道にはちゃんと「田楽辻子のみち」とかいう名前がついてる。大通りはけっこう歩道が狭くて危ないけど、この道はほとんど人がいない。まだまだみんな鎌倉知らないんだな〜。もっとも、ショッピングとかカフェとかは大通りのほうにあるけどね。とはいえ、裏道にも実は隠れ家風のカフェなども散在するし、文学館とタメはるような(は大げさだけど)美しい邸宅もたくさんあって、飽きないんだけどね。
  

  
八幡宮から北鎌倉も、観光客が多くて歩道は走れないし、車もけっこう通る割には道が広くないのでチャリは通りにくい。そこで地図とにらめっこをして、思い切り裏道を試しに行ってみる。
  
  
その途中にもたっくさんお寺とか隠れ家風カフェとかはある。もっと時間の余裕があるときはどっかにチャリを停めてぶらぶら歩くのもいいな。
  

ルートを外れるけれどさらにちょっと足を伸ばして、海蔵寺というところにも立ち寄ってみた。


  
  
だーーれもいない……。
  
報国寺とかだってあんなに人がいたのに。ここはほんとひっとりもいないよ。けっこう感じのいいお寺さんなのに。しかも拝観料なし。
でも「十六の井」という名勝があり、ここを拝観するには百円。とはいえ拝観料徴収する人もだーれもいない。勝手に台に百円おいて先に進む。すでに数百円置いてあったが、ほんと日本は平和だなあ。
  
十六の井は、本当に井戸かどうかすらもわからない謎の遺跡なんだそうな。納骨穴かもしれないという説もあるとか。こんなん知らなかったな。やっぱりまだ勉強することがたくさんある。歴史興味ない、とか言ってたけど、これだけ身近に色々あるとなんか興味も湧いてくるな。
2015-05-28 13.19.52.jpg

2015-05-28 13.20.25.jpg
 

 
さて少し戻って、北鎌倉へ出るはずの亀が谷切り通しを通ってみることにする。車はこの先通れませんとか書いてあるので不安…だったが、結局のところ、普通の道路だがなぜか一部だけ車両は通行止めになっている。二輪車と軽車両は通れるようだ。かなりキツイ坂道だが、短いし、電チャリならなんとか。わりとあっさり名月院近くの踏切手前まで出た。これなら慣れれば混雑回避にいいな。
  

その後もしつこく裏道を通り続け(簡単な裏道が本当はあるのに、今ちょっと複雑な事情で通行止めになってる)、このあたりの常で、ありえない斜面に建つ家々の間を抜け、散々迷いながら帰着。それにしてもなんなの、このあたりに住んでる人はカフェを経営しなきゃならない決まりでもあるの。ありえない斜面の家々のかなりの数がカフェってる。もちろんどれもこれもオサレ。我が家のすーぐそばにこんなオサレな現象があるだなんて。鎌倉おそるべし。
  
  
でもこの後半の裏道はやっぱちょっと辛いかな、わかりにくすぎる。オモテの道もこのあたりはさほど混んでもいないから、ここは素直に走ろう。
  
 
てなことで鎌倉探検は奥が深く、こんなにしょっちゅうやっててもいっこうに極められる気配がありませぬ。

2015-05-28 15.18.55.jpg
そゆわけで少しは勉強してみようか、と、小学生時代に配布された「かまくら子ども風土記」を、我が家の秘められた蔵から(?)発掘してきました。まーさーにー「発掘」だった。色々掘り返してね。その間にその他の興味深い遺物も色々出土(笑)。30年前に開封したままそれきりになっていたティッシュの箱とかね(^_^;

風土記の箱の中に手書きの地図が入ってたけど、私が描いたんだよね。全く覚えがないけど。
  


posted by おーゆみこ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■探検! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉文学館とバラの庭

本日のエクスカージョンは、長谷にある鎌倉文学館。これも私が子ども時分に住んでた頃には公開されてなかった施設。とはいえ建物自体は昭和11年に建てられた旧前田侯爵邸という洋館。

2015-05-28 10.14.20.jpg
正門前のトンネル
2015-05-28 10.18.03.jpg


バラの庭園が見事で、ちょうど今バラ祭りやってるてことで来てみたんだけど、残念ながらバラの盛りはすでにかなり過ぎてしまい、最盛期の3割程度だとのこと。ちと残念。祭り会期中だから、と思ってたけど、ピークは会期の初め頃だったらしい。秋にもあるようなのでまた来よう。(あれ?でも今サイトを見てみたら「今は二番目の花が咲くのを待っている時期です」だって。会期は6/7までだけど、また少し盛り返すのかしらん)
2015-05-28 10.19.45.jpg
確かにややスカスカ、でも盛りの時にここから建物を見た景色は素敵だろうな。
2015-05-28 10.21.00.jpg

2015-05-28 10.20.36.jpg

もちろん建物の中にも入れる。撮影は禁止だったけどね。大きな地図にそこに住んだ作家の名が載せられてたけど、ほんとに多いなあ、いっときでも鎌倉に住んだ文士たち。鎌倉文士と呼ばれる人たちは300人以上いるんだって。芥川龍之介、有島武郎、川端康成、島崎藤村…そうそうたる名士ばかりだなあ。
  

でも残念ながら私は文学に実はあまり興味がない。小さい頃は早熟でやたら読んでた気がするけど、今は、特に文学的な本は殆ど読まないな。自分でやたらめったら文章を書き散らかしているが、格調が全く高くないのは、そのせいですf^_^;



そういう意味では全く豚に真珠。展示もあらかた素通り(^^;;。
歴史にもさして興味がないので、鎌倉にいながら我ながらちと勿体無い気はする。



今はこの文学館では源氏物語の特別展示をしてる。知らなかったが、鎌倉は幕府のあった当時、実は源氏物語研究のメッカだったそうな。源家の人が書いた注釈書が室町時代ぐらいまでは研究の主流だったとか。
….…てなことは展示に書いてあったから一応書いてみましたか、割に私にはどーでもいい(^^;;(^^;;


でも建物も庭園も美しく、やはり、しつこく言うけどこんなところにチャリで20分で来れてしまう自分のシアワセを噛みしめる。
2015-05-28 10.22.31.jpg

木陰もいい感じ

2015-05-28 10.28.17.jpg

建物のバルコニーからは海も見える。すばらしす。

2015-05-28 12.07.03.jpg
建物にあった可愛いステンドグラスをモチーフにしたブックマークを購入。私は本読まないけど(^_^; 読書家の女神様に差し上げよう。


混んでくる前に退散、そして由比ヶ浜と鎌倉駅の途中にある「ジャックと豆の木」という、ギャラリー兼カフェでランパスランチ。サラダもコーヒーも小さなケーキもついたジジャ麺500円は超お得感あり!!
2015-05-28 11.44.49.jpg
  
ここはエレピとかあったりPAあったりで、ライブもなんやかややっているらしい。コンクリ打ちっ放しなので響きがよさそう。うーん、いつかこういうとこでやってみたいかも。
posted by おーゆみこ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ■探検! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはつい英語付き20150528

おはよう。言霊のパワー信じて、辛いときでもラッキー、難しくても私はできる!というのは、自分に嘘ついてるんじゃなくて、隠れてる本当の潜在的自分の真実の表明。そしてまず「形から入る」ための積極的アクション。決しておためごかしじゃないの。沢山の天使とともに、今日も機嫌よくいこう。笑顔と感謝の1日を!

Good morning!
To believe the power of word spirit, and say "lucky!" even when you're in a tough situation, and "I can!" when it is difficult, is not lying to yourself. It's a declaration about the hidden truth of your potential self of yours. And it's also an aggressive action to just "set the form" first. It's not a sweer balm of lie.
With all your guardian angels, let's go cheerfully today as usual. Have a nice day of smiles and thanks!







iPhoneから送信
posted by おーゆみこ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。