2009年03月20日

英語のヒミツ ラインナップ

きのうの時点でひとつUPしてしまったが、現時点で考えている項目のラインナップをまず提示しておこう。従来型の知識にけっこう「挑戦」しているつもりである。今後徐々に本文を書いてUPしていく。

★ "it" は「それ」ではない。
★"that"は常に「あれ」というわけではない。
★"you"も常に「あなた」というわけではない。
★日本語には「代名詞」が本来「ない」。でも英語ではかなり大事。

★日本人は基本的に"Yes"と"No"も誤解している。

★英語には実は「未来時制」はない。
★過去形も本来は「過去」形ではない。

★ing形は「進行形(現在分詞)」でも「動名詞」でも実は正体は同じ。
★過去分詞も、別に「過去」じゃない。

★不定詞の「3つの用法(名詞的・形容詞的・副詞的)」の区別はどうでもいい。
★不定詞のtoと、go to Americaというような前置詞のtoは本来同じモノ。

★「現在完了」はあくまで「現在」である。

★関係代名詞は特別なモノじゃない。

★助動詞というのは意外にも「かなり大事」

★リズムを捉えることが一番のキモ!
★「アクセントがある」ということはイコール「長い」ということ。
★「半分の長さ」しかない弱音を捉えるのが重要。
★舌の位置が、始めから日本語とは違っている。
★口の「中」を大きく開ける。
★大きい動きの方がスピードが出る。
★リスニングを鍛えるには、発音してみるしかない。
★リズムがないと文法も覚えられない。


ラベル:英会話 英語
posted by おーゆみこ at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ■英語のヒミツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわっ!
なんかすごい秘密を教えてもらってる!と感じるのに、文法の理解が及びません・・・笑
英語といい、PCといい、おーゆみさんの特技は直接見入りになるほど磨かれてて、すごいですね・・・羨ましいです。
Posted by 杏里 at 2009年03月24日 19:39
杏里ちゃん

私の野望はこの「ヒミツ」を中学生でも分かるように解説すること、なんですが難しいです。
日本の(少なくとも私の時代の)英語教育は間違いばっかり教えてますからね。
Posted by おーゆみこ at 2009年03月26日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。