2009年03月26日

英語を訳して(させて)はいけない(導入時)

小学校など、早期に英語教育を導入することの是非については、様々な要素が絡むので簡単に言えないのだが、導入が小学校であれ中学校であれ、私は、少なくとも最初の1年間は、
「テストをするな」
と言いたい。特にペーパーテストは無用、というか百害あって一利なし。始めの段階では、「評価される」より、道具として英語を使ったときにそれが通用して「楽しい」という感覚を得るべきだと思うから。楽しい感覚がベースにあればモチベーションが自然に上がる。そもそも他の教科でもそうなのだが、テストで評価されることをモチベーションにするという発想自体が変わるべきであると私は思っている。が、まあこれについての話はまた改めて別の機会に。

だが、「テストをするな」のさらなる本質は、
「(導入時点で)英語を日本語に訳したりするな」
ということなのだ。少なくとも「逐語訳」は避けるべきである。
前に書いたように、たとえばitには実は日本語に対応する語がない。
だがそんなことを中学生や小学生が理解できるだろうか。
逐語訳的に日本語を対応させていく中では、itをとりあえず「それ」と言っておくしかない。だがそこに「間違い」がある。
従来の英語教育は、最初から「間違ったことを教える」宿命にあるのだ。
日本語と英語はそもそも文の構造が根本から違うのだから、単語を日本語に「訳す」教え方ではそうなってしまう。

最近ではさすがに少しずつそのあたりが見直され、中学1年生の教科書もかなり実践的なモノになりつつあるようではあるが、まだ根本的ではない。

「テスト」とやらをやると必ずと言っていいほど、「訳せ」という問題が入る。
仮にどうしてもテストをしなくてはならないのなら、たとえば会話をしているイラストの吹き出しの中に適切な語や文を入れる、などのような問題ならまだいいかもしれない。ペーパーテストではなく口頭でのテストならなおいいが、現場的にはまあ無理だろうな。
(とはいえ最初に書いたように、いちいち「評価される」ことで生徒がイヤになってしまうという弊害はやはり避けられない)

英語教育には、将来的に英語の読み書き(会話だけではなく、論文を読んだり書いたり)ができるようになる目的もあるのだから、という説もあるが、たとえそういう目的であったとしても、最初から「間違ったことを教える」教育ではその目的すら達成できない。母国語だって、最初は読み書きではなく会話から始まり、その上で読み書きが楽にできるようになるではないか。読み書きから始まる語学教育はありえない。

英語を教えるときに日本語を絶対に使うな、ということとはちょっと違う。
たとえばシチュエーションを説明するときなどに日本語を使ってもいいと私は思う。
「あなたはノートが欲しいので文房具屋さんに行きました。お店の人になんと言いますか」
みたいなことなら日本語で指示してもいいはずだ。こういうところまで無理に英語を使って、生徒が混乱するのでは意味がない。
ただ単語や文そのものを「訳す」作業は避けなければならない。

英語を習い始める最初の最初から、英語というのは日本語の論理とは全く違うものなのだということを、おぼろげながらであっても生徒たちに感じさせなければならないのだが、「訳」をさせる教え方ではそれは伝わらない。
生徒のほうも、たとえば
It's hot today!
という文を教わったとき、itってどういう意味?と聞きたくなると思うが、教師の方は少なくとも最初のうちは
「それはあとで分かるようになるから、今は文全部の意味だけ分かるようになろうね」
で済ませた方がいいのである。
英語は日本語と全く違うので、単語ひとつひとつを訳すことはできないのだ、ということを言ってしまってもいい。
百歩譲って訳すとしても、絶対に、「単語単位」でやってはいけない。
hot だけではなくcold やwarmを導入したければ
It's hot. 「暑い」 It's cold.「寒い」 と文単位で言うしかない。

とにかく、英語教育導入の初期段階で一番分かってもらいたいことは、むしろこの
「英語は日本語と論理が全く違う」
という点なのである。
だから、最初うちしばらくは、単語単位の訳を意識させてはいけない。単語単位で英←→日で置き換えることは不適切なのだということを分かってもらいたい。

だから可能な限り「文」の形で導入する。その際、冠詞の使い方などにも(教える方が)注意して正しく言わないといけない。penはpenではなく、a penかthe (またはhis とかthisとかその他の限定詞)+penか、pensの形でしかない。
文にしても、前項に書いたように、This is a pen.のような「特殊な」形でいきなり言わせるのではなく、
What's this?-- It's a pen.
という自然な形を必ずとって導入する。

理屈ではなく、とにかく実践で、ごくごく基本的なことを、正確に、じっくりと体に刷り込むように覚えさせる。こういう状況ではこういう言い方をする、という「経験」を積ませていく。たくさんのことを覚えさせる必要はない。けれどとくに本質的な日本語との違いがあるようなところをこそ、むしろ最初から打ち出していく。代名詞や冠詞の使い方、助動詞の使い方のようなところである。もちろん、あくまで、知識ではない「経験」として。

冒頭に、英語教育の早期導入の是非については簡単に言えないと書いたが、私自身はどちらかといえば賛成である。ただし、あくまでこのような形であれば、ということだ。小学校では、できればネイティブの教師と一緒に英語で遊ぶ、というような形であるべきと思う。ゲームをしたり歌を歌ったり、劇をしたり。英語のテレビ番組を見るだけだっていいと思う。
そういう点では、そういうことをやるならやはり中学よりは小学生のほうが抵抗ないとも思えるから、やはり小学校で導入するのは基本的に悪くない。
小学校高学年の2年間ぐらいそうやってたっぷり英語の「経験」を積めば(テストなどやらずに!)、中学になってからいよいよ読み書きも含めた「理屈」のともなった学習をするための土台ができる。

その土台ができてしまえば、今度は逆に、しっかりとした理屈を教えていくことができるし、必要になる。まず文型を教え、品詞を教える。そこで初めて、「単語」単位で考えても混乱しないようになる(とはいえやはり単語単位で「訳す」のは御法度だが)。これまで「体感」していた日本語との論理の違いに、ちゃんとした知識の裏付けを与えてやれる。
それからその先の文法を教えていくようにすれば、文法というモノがややこしくて厄介な代物なのではなく、自分の言いたいことを伝えていくためにさらに技術を高めていく便利なツールであることがよく実感できるはずである。

最初に間違ったことを教えてしまうから、その後ず〜〜っと修正されず、ワケ分からなくなって、イヤになってしまうのだ。

今から思うと、私自身、たしかに大学を卒業した時点では英語はしゃべれなかったが、それでもその後本格的に志してからの習得がけっこうスムースだったのは、小学校低学年の時に上記のようなコンセプトの英会話教育を(学校外で)少しだけ受けていたからだと思う。ラボパーティという、教師の家に行って「英語で遊ぶ」という感覚の教室で、丘の上にある瀟洒な一軒家で、授業よりむしろ終わってから紅茶とケーキが出ることや、広い芝生の庭でその家のお嬢さんや犬たちと遊ぶ方が楽しかった記憶がある(我が家とは雲泥の差の上流階級の家!という感じに憧れ、週に1回でもその雰囲気に浸れるのが嬉しかった)。あまり詳細は覚えていないが、そこでは「訳」などはせず、紙芝居のような絵を見ながらそのセリフを覚えていくのが中心だったと思う。先生はネイティブではなく、英語のしゃべれる日本人の女性だった。授業も「英語だけ」で進んだわけではない。けれど逐語訳などではなく、あくまで英語が「場面として導入」されていた(と思う)。
その時点ではさして「分かっていなかった」し、それだけでしゃべれるようになっていたわけではない。しかもその後の学校英語教育でむしろスポイルされてしまった気がするが、日本語と根本的に違う英語の「感覚」や「論理」がおぼろげではあるが無意識に刷り込まれていたのだと思う。




ラベル:英語 英会話 教育
posted by おーゆみこ at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ■英語のヒミツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーそー。思い出します。
私が高校生の頃、英語の物語を日本語に訳す宿題が出たので、わざわざ「逐語訳を避けて」物語として自然な日本語の表現にして提出したら、「もっときっちり、単語一つ一つまで&文法通りに訳しなさい」って説教されましたよ〜^^;
訳の内容は間違って無かったのになぁ。。。。

そんな教育を受けてました。英語の授業は大嫌いで、成績もクラス最下位。
(でも何故かオーストラリアにペンフレンドがいたのヨ。文例集とか見ながら、一所懸命、手紙をやりとりしてました。)

そんな私も、30才をすぎて、英会話教室に通いだしてからは楽しくて楽しくて、むしろ自主的にTOEICに挑戦したりしちゃいました♪
Posted by きの at 2009年03月26日 18:21
自分が受けてきた教育から考えて、
いま日本の中学や高校で教えている先生たちや、あるいは教科書を作っている人たちも、
みんな、「間違ったままで英語を覚えている」可能性は十分ありますね。
(私だって最近になってようやく分かったのだし)

でもペーパーテストで評価するシステムだと、たとえその間違いが分かっていてもどうにもできないという部分もあるかもしれない。

「文法事項をきっちり反映させた」逐語訳をさせないと、分かっているのか分かっていないのかが分からない、…ということになっちゃうんだよね。
だから、
「彼は、彼女に、彼女が最も好きであるところのいくつかの果物を与えた」
なんつー感じの訳をさせようとする。
でもこれじゃ日本語の感覚もわやくちゃになってしまうがな。

英語の早期導入に反対する人の論調に多いのは、日本語も怪しいのだからまず日本語をきちんと教えるべき、ということだけど、そりゃこんな英語の教え方をするなら日本語の行く末も心配になるよね。
でも本来は、英語を教えることが日本語の勉強にさまたげになるとは私は思ってない。上手くやれればむしろ日本語についても客観的に見直せるいい刺激になると思う。
(とはいえあまり幼い子の場合はちょっと違うかも)

それにしても、英語に限らず、本来なら子供たちが持っているはずの好奇心やモチベーションを「削ぐために」やっているとしか思えないような教育って、いったいなんなんでしょうね。
Posted by おーゆみこ at 2009年03月27日 00:53
私、英語コンプレックスです。
中学生で挫折。
高校生の時の方が簡単だった…(教科全体的に)
そこからかな〜☆(何が?)

頭の良い人が言うと説得力あります…こういうの。

ちなみに、小学校にAET(何の略だったか)っていうネイチャーな英語教師が月1回くらい授業をします。テストはしないそうです。
『生きる力−学習指導要領がかわります。』って文科省のパンフ…。
公立小学校から中学校のアノ差はなんだったんだでしょう?(偏差値世代)
「ゆとり」とか「つめこみ」とか。
今のコは「生きたい!」って思えないのかしら?
Posted by エツ at 2009年03月28日 15:16
ある意味で「面倒見過ぎ」なんですよね、現代の教育は。
子供にはチラっと楽しいところだけ見せて、あとは
「教えてやんないよ〜〜ん。やりたかったら食いついておいで」
てなぐらいのスタンスの方がいいんじゃないかしらん。食いついてきた子にはたっぷり教える用意があるといいとは思うけど。

AET(Assistant English Teatherっすね)が生徒と英語で遊んであげる、ってのがいいですね。
さじ加減が難しいけど…。
やってみれば自分にもできそう、もう少しで分かりそう…と思わせるあたりで教える方は寸止めにする。でも「ぜーんぜんわっかんない。もうどうでもいーや」となってしまうと困るけど。
Posted by おーゆみこ at 2009年03月31日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。