2007年01月30日

"不適切発言”と情報操作

柳沢厚労相とやらの「不適切」発言で大騒ぎになっているが、なんとなくバカらしい。

擁護するのも妙かもしれないが、なんだか故意に発言をねじ曲げているようにも見えてしまう(…などと言うのは、自分の発言が糾弾され騒がれたときの石原慎太郎や小泉純一郎が言いそうなことではあってちょっと嫌だが…)。

要約して「女性は子を産む機械」と発言した、ということになっているが、前後を読めば別にそういう意図ではないことぐらい分かる。ついうっかり、ものに喩えようとして”不適切”なものに喩えてしまっただけであって、それを「女性は子を産む機械と言った!」と騒ぐことにも何か不快なものを感じてしまう。
そりゃたしかに、はからずもお里が知れた、というか、本人の女性観や社会観が透けて見えてしまった、と言えなくもない。婦人問題にも関わる分野の大臣としてそれはいかがなものか。けれど今回の発言はそこまで、本人が女性を子産みの機械と実は思っている、ようには思えない。「仕組み」を説明しようとしてうっかり理科系的な喩えを使ってしまっただけに思える。たとえば人間の脳のしくみをコンピュータに喩えて話しても、だれも「ケシカラン!」などとは言わないだろう。

まあそこは微妙な問題とも思えるが。

私はむしろここに、唐突かもしれないが、例の納豆騒動、そしてNHKの番組改変騒動も含めて、マスコミ等の「情報操作」の問題の方との関連をつい感じて、割り切れないような気になる。
人の発言を引用したり、インタビューを編集したりするとき、どこを切りどこを繋げるか、でいかようにも「真意をねじ曲げる」ことは可能だと思えるのだ。元の英語をかき消して言ってもいない内容の日本語に吹き変えたという「あるある」のやり方は論外だが、そういう明白なでっちあげをせずとも、編集でいくらでも操作はできる。
ものすごく極端な話、
「○○は××だ…とは私は思わない」
の後半部分だけ消してしまったら、まったく逆の意味になってしまうわけで。
まあそこまでやったらさすがに「ねつ造」の部類に入ってしまうだろうが、微妙な例は多いのでは、と思う。

それは別に、「マスコミ」に限らない。ビジネスの場や、普通の知人同士の関係だって、人づてに聞いた話によって誤解曲解が生まれ、人間関係がぎくしゃくしたり、なにやら大きな問題になったりすることもあるだろう。
「自分の目で見て、自分の耳で聞いたことしか信じてはいけない」
そこまで強く言うつもりはないが、直接見聞きしたことでないものは(いや実際は直接見聞きしたものであっても、だが)100%こうである、と断言はできないのだ、という認識だけは持っていた方がいいように思う。

さて、柳沢氏のことである。
「女性は子を産む機械だと言った」…という具合に要約されて、それだけが一人歩きしているような気もする。
もちろん、ことによるとそれだけではなく、すでに柳沢氏の人となりや、社会観人生観をある程度見透かせるぐらいに直接間接的に彼を知っている人が、その人となりの露呈したものだと感じて、やはり、と思い、捨て置けない、と思った、のかもしれない。それこそ有り体に言えば(再び使うが)「お里が知れる」状況だ。

石原慎太郎や小泉純一郎の「失言」などは、私には、そのように「こいつのことだから、腹の中で思っていることがぽろっと出たんじゃん」と思えてしまうものね、彼らがいくら自分で弁解し、あまつさえ、「あえて曲解しようとしている」とか「ヒステリックだ」とか言ってもね(そういうことを自分で言うところが彼らの、信頼のおけない「人となり」であるわけで)。

私は柳沢氏とか興味もないしよく知らないから、そういう判断はできない。ニュートラルに見ている分には「女性は産む機械と言った」という持って行き方の方にむしろ嫌な意図を感じてしまうのだ。

てゆーか、「もっと他にやることあるんじゃないの?」という気持ちである。

子を産まなかった(そして今更ながらにそれを「しまった」かもと思っている)”欠陥機械”の私ではあるけれど。


posted by おーゆみこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
朝ドラのページを楽しみにしてるひとりです。

他にやる事あるのでは?と私も感じてます。
こういう事が起きるたびに。

枝葉の部分(それも大事な場合も有るだろうけど)にとらわれている間に幹がどんどん倒れていくような日本の政治、、、、、
Posted by 栃の実 at 2007年01月31日 11:42
栃の実さん、コメントありがとうございます。

なんかまだ大騒ぎし続けていますよね。
もはや引っ込みもつかなくなっているんだろうな、なんて意地悪な気分にもなります。

結局、政策などの肝心な部分ではなく、パワーバランスしか考えていないから、なにか揚げ足とって相手の勢力を弱めることばかりに躍起になっている感じ(私は自民党支持ではまっっったくありませんが)。
戦略なき、戦術のみの政治。ましてや理念など望むべくもない、というような。
Posted by おーゆみこ at 2007年02月01日 10:13
おーゆみこさん
返信(というのかな?)ありがとうございます。

「この大騒ぎはもしかしたら本当に大事な事から国民の目をそらす一大茶番では?自作自演??」などと思いつつニュースを見ています。その間に、多数決でとんでもないことが決まっていくのではと。

政治欄が苦手、なわたし。これは警鐘だ、と感じてます。
Posted by 栃の実 at 2007年02月01日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。