2007年02月07日

「健全な」論議を

柳沢氏の罷免要求は、未だくすぶりつつもウヤムヤになっているようである。

かと思ったら、またもや「問題発言」があったとか。
「若い人たちのほとんどは結婚して子ども2人持ちたいと考えているという『健全な』状況にいる」と語った、というのである。
私から見たらこの発言の方が「女性は機械」発言よりよほど問題が大きいと思える。

「女性は機械」発言の時だって、実際により問題だと思えたのは「ひとり頭にがんばってもらうしかない」という発言の方であり、それは認識としてどうかと思っていた。

ただ私があのとき嫌だったのは、そういうこと以上に「女性を機械扱いした!」ということばかりを強調する、いちゃもんめいた文句のつけかたであり、それをそのように報道するマスコミの在り方であり、そしてそれをただ鵜呑みにして「けしからん!」と息巻く人々の姿である。かえって問題の本質が隠れてしまったように思える。

柳沢さんの発想の問題点に関しては、言葉尻を捉えての「罷免要求」などという形ではなく、政策論争としてきっちり展開すべきものであり、罷免させればそれですむわけではないのだ。むしろ、「お里が知れる」という意味での「真意」はともかく、あの文脈においての発言が故意に曲解されたまま一人歩きし、それに基づいて大騒ぎしているという点について、それをまかりとおるようにしてはならない、と思った。
だから、辞めさせないという安部首相の態度は、その意図や真意はともかく、私としてはとりあえず支持である。ここで辞めさせたら、それこそ「とかげのシッポ切りか」と思う。選挙で逆風が吹いてもなおかつ辞めさせなかったのは一種の見識だと思う。
なぜなら、問題は、そこにあるのではないからだ。というよりも、柳沢氏のスタンスは、一個人のものではなく、おそらくは自民党のスタンスそのものに違いないから、それを辞めさせてウヤムヤにしてしまうのはかえってたちが悪い。

「健全」発言にしても、柳沢氏の独自の見解とは思えない。多くの人がそう思っているのだろう。「健全」がなぜ問題になるかといえば、「そうでないものは『不健全』である」という意味を内包しているからだ。
しかしそれでも、私自身は、「まあそれはいいよ」と思う。叱られるかもしれないが、それでいうなら私など不健全のカタマリであるわけだから、その私が言うので許していただきたいが、人間を生物として捉えるなら、2人の人間から2人以上の人間が再生産される(なんて言葉を使うとまた攻撃されるんだろうか、要職にいる人なら)ことはいちばん「種として望ましい」状態には違いない。

だが、それが必ずしもできない「不健全」な状態が、別に当人の好みや怠慢や不注意によってのみもたらされたわけでなく……言い換えれば、そういう望みを持っていればちゃんとそうなる、というふうになっていない、という点が問題なのである。
不健全なのは社会のシステムの方なのだ。

なのにそれを、個々人のわがままとか勝手とかにすり替えてしまうところが問題である。しかしそれは、今回の柳沢氏の発言に限ったことでは、全くない。少子化の問題に限ったことでもない。オカミの論調はすべてそうである。

「失言」にかみついて文句を言うこと自体は、当然しかるべき行動である。だが、それにだけこだわりすぎ、罷免しろと騒ぎ、審議拒否で国会を空転させることに意味はあるのか。「女性は機械だと言った!」とだけ騒ぎ立てることは、真の文脈を理解しようとしない態度に拍車をかけることだと思える。問題にすべきはそこではなかったはずなのだ。
柳沢氏を辞めさせてクビをすげ替えても、なんの解決にもならない。

もちろん、こういうことについて「問題視」して、世論を喚起するということがまったく無意味とは思わない。だが、ズレている。私はそのズレかたのほうがよほど怖いし嫌だ。オカミが女性とか少子化をどう捉えているかという問題は今に始まったことではないが、発言のセンセーショナルな部分だけあげつらって曲解する、いや曲解「させる」ように世論を誘導するという点への危機感の方を切実に感じてしまう。

でもそれも「手法」として容認すべきなのかなあ…。

けれどこの問題について2ちゃんなど見てみると(まあ2ちゃんは偏っているかもしれないが)、柳沢氏擁護論はむしろ「そうだそうだ、子どもを産まない女なんて役立たずだ!柳沢よく言った!」みたいな論調で、それはそれでウンザリする(もちろん私が主張するような「曲解」への抵抗感を述べる人も多いが)。ヒステリックにも思える攻撃が、そういう、これまた見当違いの感情的反発を呼んでいるのでは、と思えてしまう。

朝ドラ「芋たこなんきん」でも、女性に対して固定化した見方をしていると思える登場人物のひとりに、イーデス・ハンソン扮するおでん屋のおかみがぴしゃりと言う場面があった。
「頭錆びてる。油さしてあげよか?」

このくらいのユーモアを交えてピシャリと批判をしつつ、その発言に潜むもっと本質的な問題にくい込んでいくのであればよかったのだが。


だが、さらに続いた例の「失言」についての反応はおおむね落ち着いていて
たとえば、
「自民党内で『極めて理知的で温厚』と言われる柳沢大臣ですら、端々に女性を傷つける一連の発言をする価値観にとらわれているのがこの国だ、と知るいい契機になる」
http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY200702060241.html
そして、少子化問題について踏み込んだ議論を引き続き行うことになっているようで、それは「怪我の功名」なのかもしれない。

柳沢さんは正直すぎて貧乏くじ引いたということか。
だがとにかく、このことについてはいちいち「傷ついた、傷つけた」なんぞと騒ぐという感情論から一歩進んで、本質的な(とはいえ制度論ではなく、発想の問題として)話をしてもらいたいものだ。それが「健全」というものである。
その「契機」になったのだとすれば今回の騒動も仕方がないか。柳沢さんお気の毒ではあるが。



posted by おーゆみこ at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遥洋子さん好きです。彼女が普段言っている本質的な事を理解出来ない人は多いです。男社会の思考が偏向している事に気が付かない人も居ますからね。私は男性ですけど、その前に人間です(笑)。
Posted by 風見師 at 2007年02月07日 15:10
というかこの方、経済畑に戻してあげたほうが…。
Posted by Nikita at 2007年02月07日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。