2007年02月09日

「欠陥を認めない」欠陥社会

政治やらなんやらの問題にはあまり首を突っ込まないようにしているのだが、畑山さんの問題は「言葉」にからむので、乗りかかった船でもう少し言う。

最新版失言(?)の「健全」について、自民党のお歴々は「何が悪いのか」と言い出しているらしい。やっぱりね、と思う。
前にも書いたが、私としては、「女性は機械(と言ったことになっている)」発言より余程こちらのほうが問題だと思うのだが、わかってらっしゃらない。機械発言の時は、それこそ字面や語感だけ見て、「擁護できない」と観念していたらしいが。
私はどうしても、そういうところの本質的な「言葉に対する鈍さ」が(そりゃ私にだってあるだろうが)一番気になってしまうのである。女性を機械に喩えた、ということは褒められたことではないにしろ、人間の頭をコンピューターに喩える、とか、人間の身体だって機械同様長年使っていればガタがくる、とかそういうレベルのことではないか。
もちろんそのときだって、「透けて見える」意識はあって、それは問題ではあったと思うが、決して
「女性を機械扱いした、謝れ!辞めろ!」
と繋がるようなことではなく、もっと冷静にその見識を問うべきものであったはずだ、繰り返しになるが…。

今回は
「結婚して子ども2人持ちたい、それは健全。…そのどこがいけないの、あたりまえでしょう?」
とお歴々は言い出しているわけで、そのことが「機械発言」より困ったことだと気づいてないことが困ったことだ。
だが、今に始まったことではない。
それに前にも書いたが、生物、あるいは種として考えればそれはたしかに「健全」なのであろう。

これに噛みつくのは、それが「健全」なら、そうでない人は「不健全」なのか!という論理である。機械発言のときも、女性が産む機械、なら、産めない、産まない女性は「欠陥機械」か!と言う論調だった。それで「傷ついた!」と騒ぐ。

だが、私は思う。
「不健全」でどこがいけないのか。
「欠陥機械」でどこがいけないのか。

つまりそこには「健全でなければならない」「欠陥があってはならない」という前提があるのである。

一見、それはあたりまえのようにも聞こえる。
だが私は、ここに一番問題があるのでは?と思う。

「欠陥のひとつやふたつ、あってあたりまえ」

ではないのか?

欠陥を指摘されて「傷つく」のは、自分自身が、それを「あってはならないもの」と見ているからではないか?
もちろん、たしかにそれを自分でも欠陥と思って、どうにかしたい、と必死で努力している人が「間違っている」わけではない。そういう「よりよくなる努力」は貴い。

だが、たとえば今回
「産まない女性は欠陥機械と言われたようで傷ついた」
と言う人は、やっぱり、子どもを産むのが「健全だ」と思っているからこそのことではないのか(みんながみんなそうだと言うつもりはないが)。

なにが健全か、なんて決められない。
強いて言うなら、その人の真に望んでいることが、悲愴な無理をしなくても叶えられる状況、こそが「健全」なのであろう。
前にも書いたが、子どもを2人もちたいという願望が健全なのではなく、そういう願望がある人に応えてあげられることが健全なのである。

まあ社会自体も含めて、「パーフェクト」なんてありえない。
「欠陥」があったっていいじゃないか。

それはもちろん、欠陥について開き直る、という意味ではなく、欠陥があればそれを埋めようと(必ずしもそのことそのものにおいてではなく、別のことでの補償でもいいが)することで前に進もうとする、そのパワーの源たりうるからだ。

だがそれにしたところで、「それぞれのペース」でいいのだ。自分自身が、よりよくなりたい、と考える。それに対し、他の人々や社会システムは、硬直した「理想」の枠を設定してそれに至らない「欠陥」を責めたり、なくそうと考えるのではなく、ひとりひとりの望みを叶える手助けをできるようにしよう、と発想すればいいのではないか。
もっとも、「社会の欠陥」は可及的速やかに是正して欲しいとは思うが。

社会の最大の欠陥は、欠陥を認めないことだ、と思えてならない。


posted by おーゆみこ at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だってそもそも適材適所、という言葉からかけ離れた人事じゃないですか。
#それを言うなら今回組閣時にみんな間違ってるんだけどさ

数回前のコメントにもちらりと書いたんですけれども、発想や言葉選びの基準が経済効率なんですよね、この方。だって大蔵官僚だもん。元金融再生委員会委員長で元金融担当大臣だもん。
なんで厚生労働大臣とかにするかね。
 #だから組閣がもうしょーもないんだけどさ
Posted by Nikita at 2007年02月09日 20:51
ほんとにそうですね。
というか、これはあきらかに、少子化や家族の問題を「経済問題と捉えている」ってことの表れじゃないでしょうか。

でもどうやら、この一連の失言問題を契機に、「出生率をあげなければ」という方向ではなく「国民の希望を叶える」方向にいかなければだめなのだ、という意識が出てきたようで、結果的には、失言した柳沢氏も、いささかヒステリックに見えるくらいそれに噛みついた人々も、「良い仕事をした」のかもしれないです(^_^;)。

これは本文の方に再度書くかも、ですが、私の気になる根幹はむしろ「東スポの見出し」みたいなセンセーショナルに煽る文言だけ見て騒ぐ、という現象なんですよね(私も煽られているクチかもしれないんですが)。
Posted by おーゆみこ at 2007年02月10日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。