2015年05月04日

楽しいおしゃべり、美味しい料理、幸せな大船の1日

昨日は昼間は旧交を温めたが、夕方からは新しい交流をさらに深めることができた。

昨年秋頃に知り合った北鎌倉在住のパーカッショニストであり編曲家でもあるSさんと、4月に開店したばかりのポルトガル料理店「メルカド」へ。メルカドオーナーシェフJさんとSさんは旧知の仲でもあり、以前から開店を楽しみにしていたのである。

Jさんは、本当はブラジルやブラジル音楽に興味があったが遠すぎるので(?(^^;;)ボルトガルの方で修業したとか。それもあって私も、そしてSさんも彼と親しく話をするようになった。

私はSさんとライブをやるつもりになっているが、その会場候補としてメルカドさんも考えているのである。

さて、ともあれSさんとデート??は2回目で、最初の時も予想以上に話が盛り上がって5時間も話していたが、今回はさらに盛り上がってなんと7時間。


横浜から6年ほど前に北鎌倉に引っ越したSさんは北鎌倉を中心とした鎌倉の散策、とくに山歩きにすっかりハマった、つまり私の「その道の先輩」。ずっとその土地に住んでいる人はかえってその良さに無自覚なことが多いようで、よそから来た人の方が精力的にそれを味わおうとする。そういう、単なる「地元の人」ではなく「意識高い系」??(^^;; 地元の人ならではの有難い情報をたっくさん頂いた。
それにプラスして音楽の趣味や考え方が似ているので、あ、しかも料理も好きとのことで、話が尽きないのである。彼とライブをやるのが本当に楽しみ。

てことで旧交新交ダブルで充実しまくりの大船の1日はとてつもなく幸せでした。ポルトガル料理美味しかったし、河岸をかえて沖縄飲み屋も楽しかったしね!

1.メルカドのお通し。自家製ローストポークとポルトガルの家庭で定番というスープ(名前忘れた)。なんかヨーロッパ!な味。


2. タラのコロッケ


3.豚耳とコリアンダー(パクチー)のサラダ。美味しーー。ポルトガルでは料理にたくさんパクチー(ポル語ではコエンドロ)を使うらしい。好みじゃー。


4. 魚のテンプラ。あれ?てんぷら?って、そーだそういえばテンプラはもともとポルトガルから入ってきた料理なんである。調理する、味付けする、というような意味のtemperar が語源。てことでこれこそ元祖テンプラ!


5. ブラジルの家庭料理で一番有名な豆の煮込みフェイジョアーダも元祖はこちら。ブラジル版はお汁粉みたいに黒いが、ポルトガル版はトマトソースで赤い。


6.開店当日にもお邪魔して飲んだが、コエンドロ(パクチー)とミニトマトの入ったジントニックはなにせ見た目が可愛い。お店の可愛い内装も入れ込んで撮ってみました。


7.タコごはん。タコライスではない(^^;;。タコ入りの炊き込みごはん。


8. こちらは大人気の沖縄飲み屋「大船チャンプルー」のカウンター、アヤしい蝋のオブジェと泡盛と。チャンプルーのマスターは、この間別の店のパーティで会ってちょっと話しただけの私を覚えていてくれて嬉しかったー。ここもまた一人でも来られる店になりました。

9. 人参シリシリ































iPhoneから送信


posted by おーゆみこ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。