2015年06月02日

wimax えーかげんにせーよ!


ほんとは極力ネガティブなことを言いたくないけど、いい加減腹立たしいので書きます。wimax!!  エー加減にせーよ。
 
  
以前にもこのことで文句を言ったが、またしても!
 1年前ぐらいに、wimaxの普通のからwimax2だかなんだかに変えたときも、それまではなかった7GBの使用制限が突然導入されてて、わけがわからなかった。7GBなんて動画とか見たらすぐ越えちゃうのよ! (初めからあるならまだしも、契約を変更するときにその説明がなかった!! それどころか、イーモバイルに乗り換えようかと思っていたのに、そちらの方には制限があるというのを知ったから、制限はないですよね、と念を押した覚えがある。たしかにwimaxにはない。でも私が契約しようとして尋ねていたwimax2にはあるんだから、それを言わないのは詐欺と言われても仕方ないレベル)。
  
  
それでひとしきり苦情を一応申し述べ、それでも我慢して使ってたら、少し前にGIGA MAXというのが導入され、7GBの使用制限はない、という。飛びつきましたよ。少し高くなるけど、そのくらいはいいでしょう。
  
  
とーーこーーろーーがーー。
  
  
今使ってる契約では、wimaxが入りにくいところではauの電波も借りられるという「プラスエリア」というモードがある。それも、使えば月に1000円余分にかかるんだけど、なにせ都心住まいでも都心通勤でもない私には、それも非常に有り難かった。

  
が! そのプラスエリアの方には使用制限がかかるという設定なので、それを一度でも使ったら最後、その月は使用制限がかかることになってしまうという。その後にプラスエリアを解除しても、である。
「じゃ、一瞬でもプラスエリアモードにしたら、その月はギガマックスにした意味はなくなってしまうということですか」
「さようでございます」

ええええ。 
  
 
いえね。それを匂わすようなことが、ほんの、ちらりと、ちいさーーーな文字で、サイトに書かれてあったんですよ。プラスエリアモードには使用制限があります、てね。だからわざわざ、例によって延々と保留音を聞かされながら待ってサポートに問い合わせたわけですよ。でもいくらなんでも、一度でもそれにしたらギガマックスの意味がなくなるとは思わなかった。エリアモードとしては制限されるけど、そうでないのに戻せばまた制限なしで使えるんだと希望的観測。でも念のため問い合わせたら。
  
  
はい、思い切り苦情を申し述べました。電話口で対応してくれているあなたに怒っているわけじゃないですからね、と念を押しながら。
だっておかしくないですか。私はちゃんと念入りにサイトを確認したから(それでも勝手な希望的観測で、しっかりした確認を怠ったまま、料金の上がる契約をしてしまったアホですが)なんか少し分かってたところもあるけど、だれでもが分かるようには書いてない! 散々いいところばかり宣伝はしてるのに。
  
  

これはどこに苦情を言ったらいいんですか、と電話口で対応してくれた女性に聞いたら、私がしっかり上にお伝えします、と言われたけど、それじゃ心許ない。でもまあメールとかしても同じことなんだろうな。
だから、こういうとこにわざわざ書きます。もいちど書きます。


 
wimax、えーーかげんにせーよ。
  
  
以前にもなんやかやあって、そのたび、とりあえず私は律儀にWEBサイトで説明を探し、FAQなども丹念に見たけど結局よく分からん、なのでサポートに電話して、延々待たされて繋がっても、それはso-netにきけとかUQだとか、auショップに行けとか(はい、行きましたよ)、はてはモバイルルーターのメーカ−(中国の会社のようでサイトもよくわからん)に問い合わせろとかたらい回し。
  
  
ほとほとうんざりです。
とはいえiphoneでテザリングするにしても7GB制限はやっぱりあるしな。
エリアプラスの使用を諦めて、wimaxの使えるエリアが拡大することを祈りつつ(なんか悔しくさえあるが)だましだましやるしかないのか。
  
  
そんな中で私にとって明るいニュース?は、今までwimaxが入らなかった職場の自分の使っている部屋でいつのまにかwimaxが入るようになったことである。まあこれでエリアプラスに頼らざるを得ない部分は減ったので、まあなんとかなるけど。
  
 
でも今月末合宿とか行くと(銚子)、入らないんだよねこれが。wi-fi?なにそれ美味しいの?レベルにアンテナ立ちません。やれやれ。ネット中毒の私には辛いけど、我慢するしかないかなあ。
gekioko hanko.jpg


posted by おーゆみこ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。