2016年10月11日

べっぴんさん あらすじ&私評 第8回:シアワセとは  #NHK #朝ドラ

展開早いな。

<ゆりに託された手紙を潔に届けるすみれ。手紙には、潔さんに自分と同じ匂いを感じる、男と女以上に、志を同じくするものとして一生をともにしたい、とある。読んだ潔は、自分はゆりに惚れた、だがゆりお嬢様との結婚はない、諦めてくれと伝えてくれ、という。
  
浅田のところで紅茶を飲みながら、なんでやろ、とつぶやくすみれ。浅田は、潔は養子なのだと言う。

子供の出来なかった野上夫婦が親戚から養子としてもらって、跡取りとして大事に育ててきたのだ、それを婿になってもらうわけにいかない、とゆりに話している五十八。
  
だが野上は、潔の真意をただす。戦争に行くのだし、これからどうなるか分からない身だと潔は言うが、「だからこそ、やろ。だからこそ、見えるものがあるんやないか」と野上。

揃って五十八に面会を求める野上親子。ゆりと潔を結婚させてやって欲しい、と野上。どうなっても親子の縁は切れない、だから板東家に婿として入れてほしい、と。潔も、ゆりに惚れている、と明言する。
だが五十八は、ゆりに、お前が嫁に行け、と言う。潔に、必ず生きて帰ってこい、と言い、娘をよろしく、と頭を下げる五十八。野上親子も、ゆりも深々とお辞儀。
すみれの淡い初恋はここで終わった。
  

出征前に身内でお披露目を、と準備しているゆり。いよいよその日の前夜、すみれの部屋に来て一緒に寝ようという。亡くなったはなに明日の姿を見せたかったな、とゆり。お母様が亡くなったとき悲しかった。あのとき、なんで人は悲しくなるんだろうって考えた。今になって分かる気がする、
「なくすのが悲しくなるほど大事な人や、大切なものがある、いうのを、幸せいうんかな…て」
とゆり。すみれも、自分にとっての幸せはなんだろうと考えていた。
  
披露宴当日、近江から五十八の母トク子と長兄の長太郎がやってくる。豪邸に驚き素直に喜ぶトク子、だが長太郎はやや含むものがあるようである。八方美人の才能があったんだな、と嫌みを言う長太郎。
貴族院議員の田中も息子の紀夫を伴ってやってくる。
紀夫はすみれに抱いた初恋の気持ちをまだ持っているようだ。
  
結婚式をすませ、集合写真をとる一族。ゆり、おめでとう、とナレーションのはな。
こじょうちゃん、これからは妹やな、よろしくな、と潔。

応接間で、なにやら本棚をごそごそしている紀夫。すみれが不審がって声をかけると慌てた風に、高さが揃っていないと気になるので、とか言っている。
「はあ…。昔、4人でよく遊びましたよね…」とすみれ。
「失恋ですか」といきなり切り返す紀夫。
「潔くんのこと、想ってたんやないですか」
「……え?」
唖然とするすみれ>
 
なくなったら悲しいと思うくらい大事なものがあるのが幸せ、はそうだよね(別にこの台詞に感心したりしないんだけどさスミマセン)。
けれどその、言ってみれば「執着」というのが不幸の元であるのもまた真実。失いたくない、という思いが人をさいなみ、時として色々なことをこじらせる。失ってしまったことをいつまでも悲しみ、他にも持っている「大切なものやひと」に気づかなくなったりもする。
もっとも、現時点での台詞は必ずしもこのドラマのキモではなく、もしかしたら今後、「そう思っていたけど、実は違う」になるのかもしれないけど。
  

行く川のながれは絶えずしてしかももとの水にあらず。
  

…なんて文がふと頭に浮かぶ。
まあ、早いうちから悟ってしまえばいいってもんでもない。色即是空を心得て安らかにいるのも、ある意味退屈だ。人生に、ときに苦しみ悲しみ寂しさ、を抱えてこそ立体感も陰影もでる。人生に辛いことが絶えないのは、むしろ神の摂理、仏の思し召し。恵まれているはずの人でさえ、余計な(?)心配事や不満をわざわざ探し出してくるかのように抱えている。そう、わざわざ探し出すのだ。不幸?がないと幸せがわからないから。その上で際立たされた幸せな部分(小さくても)を大事に大事に思い、感謝し、不幸は部分はそれを分からせてくれているもの、と考えれば、一番、それこそシアワセかもね。
  
(すみません投稿先まちがえた。本当はこちらです→ http://ohyumiasadora.seesaa.net/
コメントがついたのでこちらも削除しませんが…)
posted by おーゆみこ at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ■日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに朝ドラ一緒に走れそうですね。

私は楽しくべっぴんさんを見てます。(てるてる再放送を見てなかったし。)
生瀬さんが五十八さんをやってる感を楽しんだりもしてます。田中のりおくんの永山さんは重版出来で凄かったので、こちらも楽しみになってきてます。重版出来、面白かったからチャンスがあったら見てくださいね。
Posted by そらこ at 2016年10月11日 12:37
まだなんとなく半目気味だけど、不快ではないから見るのをやめたりはしなさそう。五十八さんはいいね。
ちなみに私はこの投稿は投稿先を間違えております。朝ドラ私評サイトはべつにあった(~_~;)
今後はそちらをよろしくです。ま、FBからなら問題ないけど。
http://ohyumiasadora.seesaa.net/
Posted by おーゆみこ at 2016年10月12日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック