2007年02月09日

「欠陥を認めない」欠陥社会

政治やらなんやらの問題にはあまり首を突っ込まないようにしているのだが、畑山さんの問題は「言葉」にからむので、乗りかかった船でもう少し言う。

最新版失言(?)の「健全」について、自民党のお歴々は「何が悪いのか」と言い出しているらしい。やっぱりね、と思う。
前にも書いたが、私としては、「女性は機械(と言ったことになっている)」発言より余程こちらのほうが問題だと思うのだが、わかってらっしゃらない。機械発言の時は、それこそ字面や語感だけ見て、「擁護できない」と観念していたらしいが。
私はどうしても、そういうところの本質的な「言葉に対する鈍さ」が(そりゃ私にだってあるだろうが)一番気になってしまうのである。女性を機械に喩えた、ということは褒められたことではないにしろ、人間の頭をコンピューターに喩える、とか、人間の身体だって機械同様長年使っていればガタがくる、とかそういうレベルのことではないか。
もちろんそのときだって、「透けて見える」意識はあって、それは問題ではあったと思うが、決して
「女性を機械扱いした、謝れ!辞めろ!」
と繋がるようなことではなく、もっと冷静にその見識を問うべきものであったはずだ、繰り返しになるが…。

今回は
「結婚して子ども2人持ちたい、それは健全。…そのどこがいけないの、あたりまえでしょう?」
とお歴々は言い出しているわけで、そのことが「機械発言」より困ったことだと気づいてないことが困ったことだ。
だが、今に始まったことではない。
それに前にも書いたが、生物、あるいは種として考えればそれはたしかに「健全」なのであろう。

これに噛みつくのは、それが「健全」なら、そうでない人は「不健全」なのか!という論理である。機械発言のときも、女性が産む機械、なら、産めない、産まない女性は「欠陥機械」か!と言う論調だった。それで「傷ついた!」と騒ぐ。

だが、私は思う。
「不健全」でどこがいけないのか。
「欠陥機械」でどこがいけないのか。

つまりそこには「健全でなければならない」「欠陥があってはならない」という前提があるのである。

一見、それはあたりまえのようにも聞こえる。
だが私は、ここに一番問題があるのでは?と思う。

「欠陥のひとつやふたつ、あってあたりまえ」

ではないのか?

欠陥を指摘されて「傷つく」のは、自分自身が、それを「あってはならないもの」と見ているからではないか?
もちろん、たしかにそれを自分でも欠陥と思って、どうにかしたい、と必死で努力している人が「間違っている」わけではない。そういう「よりよくなる努力」は貴い。

だが、たとえば今回
「産まない女性は欠陥機械と言われたようで傷ついた」
と言う人は、やっぱり、子どもを産むのが「健全だ」と思っているからこそのことではないのか(みんながみんなそうだと言うつもりはないが)。

なにが健全か、なんて決められない。
強いて言うなら、その人の真に望んでいることが、悲愴な無理をしなくても叶えられる状況、こそが「健全」なのであろう。
前にも書いたが、子どもを2人もちたいという願望が健全なのではなく、そういう願望がある人に応えてあげられることが健全なのである。

まあ社会自体も含めて、「パーフェクト」なんてありえない。
「欠陥」があったっていいじゃないか。

それはもちろん、欠陥について開き直る、という意味ではなく、欠陥があればそれを埋めようと(必ずしもそのことそのものにおいてではなく、別のことでの補償でもいいが)することで前に進もうとする、そのパワーの源たりうるからだ。

だがそれにしたところで、「それぞれのペース」でいいのだ。自分自身が、よりよくなりたい、と考える。それに対し、他の人々や社会システムは、硬直した「理想」の枠を設定してそれに至らない「欠陥」を責めたり、なくそうと考えるのではなく、ひとりひとりの望みを叶える手助けをできるようにしよう、と発想すればいいのではないか。
もっとも、「社会の欠陥」は可及的速やかに是正して欲しいとは思うが。

社会の最大の欠陥は、欠陥を認めないことだ、と思えてならない。
posted by おーゆみこ at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

少子化・高齢化バンザイ(?)

生物としての人間にとっては、「2人の人間が2人以上の子どもを再生産する」のが種としては望ましい状態だ、と書いたが、もはや人間は、「種としての」望ましい姿を云々する権利はないのでは、とさえ思うことがある。

そらこさんもお書きのように、「少子化」は、地球の環境にとっては悪いことではないと思う。人間はこの地球の環境には圧倒的に害悪を及ぼす存在で、害虫並みであり、仮に創造主がいたとすれば「駆除」したい存在ではなかろうか。
(造物主、と言っても必ずしも「神」を考えているわけではなく、時折マンガなどで使われるモチーフと思うが、地球全体が、研究室で生物を培養するための培養基に重なり、研究者が「あ〜、なんかへんなのが増えすぎて培養基がめちゃくちゃだ、こいつら取り除かなきゃ…」などとつぶやいている、そんなイメージ)

しかも大きな害悪をなすのは、いわゆる先進国に住む人々である。いわゆる途上国は、貧しいにも関わらず子どもをどんどん産んでしまい、幼くして死んでしまったり、悲惨な生活になっていたりという状況になっていて、それはそれで別の問題だが、彼らはまだ、地球にとっての「害虫」なわけではない。
さっきちらっと見たテレビ番組でやっていたが、日本人ひとりあたりが年間に消費する電力は、エチオピア人ひとりあたりの200倍以上、らしい。もちろん単純な比較では語れないとしても、資源の食いつぶしぶりが桁違いであることは間違いない。

続きを読む
posted by おーゆみこ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

「健全な」論議を

柳沢氏の罷免要求は、未だくすぶりつつもウヤムヤになっているようである。

かと思ったら、またもや「問題発言」があったとか。
「若い人たちのほとんどは結婚して子ども2人持ちたいと考えているという『健全な』状況にいる」と語った、というのである。
私から見たらこの発言の方が「女性は機械」発言よりよほど問題が大きいと思える。

「女性は機械」発言の時だって、実際により問題だと思えたのは「ひとり頭にがんばってもらうしかない」という発言の方であり、それは認識としてどうかと思っていた。

ただ私があのとき嫌だったのは、そういうこと以上に「女性を機械扱いした!」ということばかりを強調する、いちゃもんめいた文句のつけかたであり、それをそのように報道するマスコミの在り方であり、そしてそれをただ鵜呑みにして「けしからん!」と息巻く人々の姿である。かえって問題の本質が隠れてしまったように思える。

柳沢さんの発想の問題点に関しては、言葉尻を捉えての「罷免要求」などという形ではなく、政策論争としてきっちり展開すべきものであり、罷免させればそれですむわけではないのだ。むしろ、「お里が知れる」という意味での「真意」はともかく、あの文脈においての発言が故意に曲解されたまま一人歩きし、それに基づいて大騒ぎしているという点について、それをまかりとおるようにしてはならない、と思った。
だから、辞めさせないという安部首相の態度は、その意図や真意はともかく、私としてはとりあえず支持である。ここで辞めさせたら、それこそ「とかげのシッポ切りか」と思う。選挙で逆風が吹いてもなおかつ辞めさせなかったのは一種の見識だと思う。
なぜなら、問題は、そこにあるのではないからだ。というよりも、柳沢氏のスタンスは、一個人のものではなく、おそらくは自民党のスタンスそのものに違いないから、それを辞めさせてウヤムヤにしてしまうのはかえってたちが悪い。

「健全」発言にしても、柳沢氏の独自の見解とは思えない。多くの人がそう思っているのだろう。「健全」がなぜ問題になるかといえば、「そうでないものは『不健全』である」という意味を内包しているからだ。
しかしそれでも、私自身は、「まあそれはいいよ」と思う。叱られるかもしれないが、それでいうなら私など不健全のカタマリであるわけだから、その私が言うので許していただきたいが、人間を生物として捉えるなら、2人の人間から2人以上の人間が再生産される(なんて言葉を使うとまた攻撃されるんだろうか、要職にいる人なら)ことはいちばん「種として望ましい」状態には違いない。

だが、それが必ずしもできない「不健全」な状態が、別に当人の好みや怠慢や不注意によってのみもたらされたわけでなく……言い換えれば、そういう望みを持っていればちゃんとそうなる、というふうになっていない、という点が問題なのである。
不健全なのは社会のシステムの方なのだ。

なのにそれを、個々人のわがままとか勝手とかにすり替えてしまうところが問題である。しかしそれは、今回の柳沢氏の発言に限ったことでは、全くない。少子化の問題に限ったことでもない。オカミの論調はすべてそうである。

「失言」にかみついて文句を言うこと自体は、当然しかるべき行動である。だが、それにだけこだわりすぎ、罷免しろと騒ぎ、審議拒否で国会を空転させることに意味はあるのか。「女性は機械だと言った!」とだけ騒ぎ立てることは、真の文脈を理解しようとしない態度に拍車をかけることだと思える。問題にすべきはそこではなかったはずなのだ。
柳沢氏を辞めさせてクビをすげ替えても、なんの解決にもならない。

もちろん、こういうことについて「問題視」して、世論を喚起するということがまったく無意味とは思わない。だが、ズレている。私はそのズレかたのほうがよほど怖いし嫌だ。オカミが女性とか少子化をどう捉えているかという問題は今に始まったことではないが、発言のセンセーショナルな部分だけあげつらって曲解する、いや曲解「させる」ように世論を誘導するという点への危機感の方を切実に感じてしまう。

でもそれも「手法」として容認すべきなのかなあ…。

けれどこの問題について2ちゃんなど見てみると(まあ2ちゃんは偏っているかもしれないが)、柳沢氏擁護論はむしろ「そうだそうだ、子どもを産まない女なんて役立たずだ!柳沢よく言った!」みたいな論調で、それはそれでウンザリする(もちろん私が主張するような「曲解」への抵抗感を述べる人も多いが)。ヒステリックにも思える攻撃が、そういう、これまた見当違いの感情的反発を呼んでいるのでは、と思えてしまう。

朝ドラ「芋たこなんきん」でも、女性に対して固定化した見方をしていると思える登場人物のひとりに、イーデス・ハンソン扮するおでん屋のおかみがぴしゃりと言う場面があった。
「頭錆びてる。油さしてあげよか?」

このくらいのユーモアを交えてピシャリと批判をしつつ、その発言に潜むもっと本質的な問題にくい込んでいくのであればよかったのだが。


だが、さらに続いた例の「失言」についての反応はおおむね落ち着いていて
たとえば、
「自民党内で『極めて理知的で温厚』と言われる柳沢大臣ですら、端々に女性を傷つける一連の発言をする価値観にとらわれているのがこの国だ、と知るいい契機になる」
http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY200702060241.html
そして、少子化問題について踏み込んだ議論を引き続き行うことになっているようで、それは「怪我の功名」なのかもしれない。

柳沢さんは正直すぎて貧乏くじ引いたということか。
だがとにかく、このことについてはいちいち「傷ついた、傷つけた」なんぞと騒ぐという感情論から一歩進んで、本質的な(とはいえ制度論ではなく、発想の問題として)話をしてもらいたいものだ。それが「健全」というものである。
その「契機」になったのだとすれば今回の騒動も仕方がないか。柳沢さんお気の毒ではあるが。

posted by おーゆみこ at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。