2007年01月30日

"不適切発言”と情報操作

柳沢厚労相とやらの「不適切」発言で大騒ぎになっているが、なんとなくバカらしい。

擁護するのも妙かもしれないが、なんだか故意に発言をねじ曲げているようにも見えてしまう(…などと言うのは、自分の発言が糾弾され騒がれたときの石原慎太郎や小泉純一郎が言いそうなことではあってちょっと嫌だが…)。

要約して「女性は子を産む機械」と発言した、ということになっているが、前後を読めば別にそういう意図ではないことぐらい分かる。ついうっかり、ものに喩えようとして”不適切”なものに喩えてしまっただけであって、それを「女性は子を産む機械と言った!」と騒ぐことにも何か不快なものを感じてしまう。
そりゃたしかに、はからずもお里が知れた、というか、本人の女性観や社会観が透けて見えてしまった、と言えなくもない。婦人問題にも関わる分野の大臣としてそれはいかがなものか。けれど今回の発言はそこまで、本人が女性を子産みの機械と実は思っている、ようには思えない。「仕組み」を説明しようとしてうっかり理科系的な喩えを使ってしまっただけに思える。たとえば人間の脳のしくみをコンピュータに喩えて話しても、だれも「ケシカラン!」などとは言わないだろう。

まあそこは微妙な問題とも思えるが。

私はむしろここに、唐突かもしれないが、例の納豆騒動、そしてNHKの番組改変騒動も含めて、マスコミ等の「情報操作」の問題の方との関連をつい感じて、割り切れないような気になる。
人の発言を引用したり、インタビューを編集したりするとき、どこを切りどこを繋げるか、でいかようにも「真意をねじ曲げる」ことは可能だと思えるのだ。元の英語をかき消して言ってもいない内容の日本語に吹き変えたという「あるある」のやり方は論外だが、そういう明白なでっちあげをせずとも、編集でいくらでも操作はできる。
ものすごく極端な話、
「○○は××だ…とは私は思わない」
の後半部分だけ消してしまったら、まったく逆の意味になってしまうわけで。
まあそこまでやったらさすがに「ねつ造」の部類に入ってしまうだろうが、微妙な例は多いのでは、と思う。

それは別に、「マスコミ」に限らない。ビジネスの場や、普通の知人同士の関係だって、人づてに聞いた話によって誤解曲解が生まれ、人間関係がぎくしゃくしたり、なにやら大きな問題になったりすることもあるだろう。
「自分の目で見て、自分の耳で聞いたことしか信じてはいけない」
そこまで強く言うつもりはないが、直接見聞きしたことでないものは(いや実際は直接見聞きしたものであっても、だが)100%こうである、と断言はできないのだ、という認識だけは持っていた方がいいように思う。

さて、柳沢氏のことである。
「女性は子を産む機械だと言った」…という具合に要約されて、それだけが一人歩きしているような気もする。
もちろん、ことによるとそれだけではなく、すでに柳沢氏の人となりや、社会観人生観をある程度見透かせるぐらいに直接間接的に彼を知っている人が、その人となりの露呈したものだと感じて、やはり、と思い、捨て置けない、と思った、のかもしれない。それこそ有り体に言えば(再び使うが)「お里が知れる」状況だ。

石原慎太郎や小泉純一郎の「失言」などは、私には、そのように「こいつのことだから、腹の中で思っていることがぽろっと出たんじゃん」と思えてしまうものね、彼らがいくら自分で弁解し、あまつさえ、「あえて曲解しようとしている」とか「ヒステリックだ」とか言ってもね(そういうことを自分で言うところが彼らの、信頼のおけない「人となり」であるわけで)。

私は柳沢氏とか興味もないしよく知らないから、そういう判断はできない。ニュートラルに見ている分には「女性は産む機械と言った」という持って行き方の方にむしろ嫌な意図を感じてしまうのだ。

てゆーか、「もっと他にやることあるんじゃないの?」という気持ちである。

子を産まなかった(そして今更ながらにそれを「しまった」かもと思っている)”欠陥機械”の私ではあるけれど。


posted by おーゆみこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

評価される「権利」

私は教育現場の実状など知らないから、「知りもしないで」という批判は仕方がない。ただ、なんでも「現状」から発想するしかないとは言えない。
あるいは、「理想主義的すぎて現実的でない」ことを多分私は言っているのだろう、まさに「机上の空論」である。だが、だからこそ見えることもあるのでは、と思う(本当に見えているかどうかはともかく)。

現状・実状にがんじがらめになっている立場からは、それをまず前提として少しずつ変化させていくことしかできない。いや、もちろん、たとえ理想主義的な考えを持っていたとしてもそうだろう。だが理想主義の示せるものは、本当はどっちの方角に行ったらいいのか、ということだ。現実は、目の前にある茨のやぶを切り開かなければどこにも進めない。だがちょっとまって、どっちのやぶを切り開こうとしているの? 本当にそっちでいいの?もしかしたら、ちょっと戻ってみた方がよいってことだってあるかもしれないじゃない? ともあれ前に進むしかない、って考えも疑ってみた方がいいんじゃない?

簡単に、手垢の付いた言葉で言ってしまえば、「理念」なき改革は小手先のものでしかない、ということだ。だが民主主義の世の中で、もちろんいきなりな「革命」は起こせやしない。それに、その「理念」が絶対的に正しいとはだれも証明できない。
だが理念を語り続けなければならないのである。
…なんて偉そうに言ってみますが、私ごときがこんなところで理念もどきを書き散らかしても屁の突っ張りにもならんのですがね。

****
さて「評価される義務はない」と書いたが、すると、かつて「流行って」バカにされた、たとえば運動会でも徒競走をやらないとかやっても順位をつけずにみんなでおててつないでゴール、だとか、そういうことを思い出す。

だが、そういうことではない。
評価される義務はないが、「評価される権利」はあるのだ。こんなことばっかり書くと、「権利権利ばかり主張して、義務をなおざりにする戦後教育の悪弊」とかまた言われそうだが…。

徒競走が得意な子がそれを評価されるのは大いによいことである。作文が得意な子がそれを評価されるのも、歌の上手い子がそれを評価されるのも、はげみになる。評価というものがモチベーションになる、というのは否定しない。
問題は「なんでもかんでも」評価しなければならない、というところにある。しかも、原則として生徒や学生の全員を評価し、1位からビリまで序列をつけなければならないというシバリだ。

いっそエントリー制にしてしまえばいいではないか。その上で「どんどん評価する」。
音楽のテストも、漢字のテストも、算数のテストも、徒競走なども、挑戦したい子だけがやればいい。コンクールみたいにしてしまう。子どもの数が少ないなら、地域の数校がまとまって実施すればいい。いろいろな媒体を用いれば、過疎地にある学校だって参加できる。何にも参加できない子が傷つくという説もあるが、全員をベタに評価する今の形式であってもその場合は同じである。どれかに集中すればよいのだから、どんな子にも参加の余地はある。そんなことに関わらずに主要教科の「受験勉強」をしたいという子にはそうさせておけばいい。

それとあとは単に達成率に評価を与える要素も加味する。本を10冊読んだなら評価する。作文を書けばまず書いたことを評価する。掃除をさぼらなければ評価する。

……でもまあ、やはり、いわゆる主要教科のテストの点や偏差値で人生全体の勝ち負けが決められてしまうような「現状」では、無理なんだろうな…。
posted by おーゆみこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

英語の早期教育と、「評価」の話

唐突ながら、「英語の早期教育」問題について書く。お断りしておくが、詳しいことをろくに知らないままで、「雰囲気」で言ってます、ハイ。書き散らかしです。

小学校などで英語の授業を導入することには賛成のほうが多いらしいが、反対意見も根強くあるようだ。

反対の人は、おおむね、「それより他にやるべきことがあるやろが!」てな感じのように見受けられる。日本語をおろそかにして何が英語か、という感じでもある。
賛成の人は、英語に幼いうちから慣れ親しんでいれば、後になって苦労せず、楽に習得できるはずだ、と思っているに違いない。

ただ、何に反対して、何に賛成しているのか−−たとえば単純に「小学校での英語必修化に賛成ですか、反対ですか」と問われても、ある意味、答えようがない。
続きを読む
posted by おーゆみこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。