2006年09月27日

理念なき教育〜ゴマカシを教える社会

珍しくものすごくまじめに「社会的」なことを書く。

日の丸君が代訴訟における勝訴は近年まれにみる快挙と思って喝采を送ったが、当然ながらそれに反発する人々がいる、いるどころか多数派ですらあるらしいところに嘆息する。だがこの問題自体について反論や説得を試みても平行線だろう。
そもそも、教育とはなにか、どうあるべきかという点で・・いやもっと言うなら、人間の社会はどうあるべきかという点ですでに根本的に発想が違っているのだ。

彼らは、教育とは「しつけ」そして「押しつけ」ることであると信じてうたがわない。「従順に上のもの言うことを聞く」人間を作ることが目的である。
社会についても結局、一部の人間の采配にシモジモのものはおとなしく従うというのが「いい社会」だと思っているのだろう。

しかし彼らの大いなる間違いは、そもそもそうやって人間を無理やりに従わせることができる、と思っているところである。オメデタイとしかいいようがない。形の上ではそうできたように見えることもあるかもしれないが、本質的には無理である。
自分にとって理不尽と思われることを押し付けられて、「しかたなく」従うかもしれないが、押さえ付けられたエネルギーはきっとどこかで、ことによれば歪んだ形で噴出するかもしれないし、エネルギーが消えてしまったとしたら、その人の魂は死んでしまったのだ。気力も個性も無くした死人。つまり、ちゃんと生きている「人間」を、その意思に反して「従わせる」ことはできないのである。できるとしたら、きちんと話して「納得してもらう」ことだけである。

君が代・日の丸の問題については多くの若い人が「別にいいじゃん」的態度だとも聞く。彼らにとっては別にそれらにマイナスの感情があるわけではない。しかしそれは全般的な「ものの知らなさ」の反映でしかない。いろいろなことをちゃんと知った上で自分の意見を形成しているわけではないのである。断っておくが私自身は君が代・日の丸に「反対」なわけではない・・・賛成でもないが。日の丸に関しては、それが軍国主義の象徴のように扱われた時代があったとしても、それをもって排斥したいとは思うわけではない。それらもひっくるめて日本の歴史だとすれば、それを排斥することもことによったら「負の歴史の隠蔽」と言えなくもない。だがむしろ現在、これが「愛国心」の「踏み絵」のように扱われることには抵抗感がある。
君が代について歌詞がどう見ても現在の体制に合致していないのだからどうかと思うのだが。この歌詞での「君」とは必ずしも「天皇」の意味ではない、とか天皇は日本国の「象徴」だからあくまで「天皇の世」でいいのだ、とか、ヘリクツとしかいいようのない論理が聞こえてくる。

続きを読む


posted by おーゆみこ at 15:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ■なんだそりゃ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。