2015年03月01日

中学生殺害事件に思う。道徳教育?それがいかんのだ!

中学生が殺された事件。こういうのあるとまたぞろ、道徳教育を!命の大切さを教える教育を!とか騒ぎ出す人々がいるんだろうなー。でも私が思うに、学校での道徳教育とかに素直に感化されるような子はこんな事件を起こさない。そうならない心の闇がある子が起こす。

むしろめったな「道徳教育」が害悪になることだってあるような。とくに「人に迷惑をかけない」とか。今回、殺された子の方が、もしかすると「親に言ったら心配する、迷惑かけちゃいけない」とか思ったかもしれない。それで周囲は助けられなかったのかもしれない。
いや、まあ、そんな単純なことではなかろうけれども。
彼らの周りの子供達は事態をある程度認識していたのに大人には伝えなかったようだ。それは何故なのか。

それはさておき、私は、あらゆる犯罪の根本は「はみ出してしまったこと」にあるのかもしれないと思ってる。経済的にもそうかも知れないけれど、むしろ心理的に。自分の居場所を失った(と感じてしまう)人たちのあがきの形態。もちろん犯罪そのものを是認したり擁護したりするわけじゃない。けれどただ非難するだけではなくならない。ましてや厳罰化などでは絶対に救えない。
彼らは自分の命、自分の存在さえ「大切」なんて思っていないから。思えなくなってるから。

「はみ出してしまった」ことで絶望しているんだ。

やれ道徳教育だの厳罰化だので「締め付け」をきつくする方向に向かえば向かうほど、「はみ出す」人は増えてしまう。しかも、はみ出していない人たちも、はみ出す恐怖で萎縮する。一人で悩んで自殺したりする。

同調圧力で、いけないと思っても目の前の仲間との繋がりから「はみ出たくない」、と思ってイジメに加担してしまうなんてこともあるだろう。

人は「はみ出たくない」。日本人はとくにそうなのだろう。
だから、ちょっとぐらいはみ出たって大丈夫だよ、と教えることの方が重要だと考える。
さらには、そう簡単にははみ出たりもしない、社会自体の枠組みの緩さも望ましい。

厳罰化とか、時々見かける、私的リンチのような容疑少年の実名や顔写真の晒し。それを「正義」と思い込む人々。そういうのかむしろ人々をますます「はみ出させ」る社会、つまりは犯罪の減らない(いや統計的には全体的には減っているらしいが、「理解しにくい」と見えるものが増えている)社会を作っているのだと思う。

こういうこと言うと、「被害者や遺族の気持ちを考えてるのか」とか言われたりもするのかも。もちろん被害者もご遺族の気持も考えれば胸蓋がる思い。当たり前。それでも、「当事者の気持ち」は客観的ではありえないから。みんながみんな、当事者の代弁してても仕方ない。喧嘩してる人々を仲裁するとき、とにかく落ち着けよ、と誰でも言うでしょう。当事者の気持ちに寄り添うことは大切でも、当事者と同じように興奮して冷静さを失うことは必ずしも正しくない。


iPhoneから送信


posted by おーゆみこ at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■しあわせであるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

「シアワセじゃない」お兄さんもどうかお幸せに

昨夜はやや久しぶりに鎌倉製蕎麦さんへ。珍しくお客さんいっぱい。といっても5人(^^;;。そのうち3人はそれぞれ一人で来てた人たちだけど、なにせ狭い店なのでくっついて座り、まるで一緒に来てたかのように仲良く喋る。
ここがこの店のいいとこ。

昨夜来てたなかなかスタイリッシュだけど人懐こいお兄さんは、大船の店もっと開拓したいというので、FBのグループに入ると情報もらえたり一緒に飲みに行ったりできますよ、と言ったら、
「FBはねー…。ぼくシアワセじゃないからなんかねー…」
ですと。

うんうん。
お兄さんがなんでシアワセじゃないかは知らないし簡単に肯定もできないけど、シアワセ感のないときのFBが辛いってのは分かる分かるよーく分かる。なにせリア充の巣窟だもんね。私も辛かったよ。鬱病の上にFB鬱まで加わって、もうね。

お兄さん帰る時、マスターが、まだゆっくりしてればいいのに、と言ったら、あまりいると語り始めてしまいそうだから、ですと。そしたら他のお客さんも、いいよいいよ、聞きますよー、語ってもらおうじゃないの、と受ける。今回はお兄さんはそれでも帰ったけど、この店にいるとなんかほんとに初対面でも自分の悩みとかも話してしまえそうな感じになるよ。

お兄さん左手薬指に指輪してたから既婚者だな。悩みは家庭のことかな。でも大丈夫、ものすごくよく笑う(しかも気持ちよく笑う)方だったから、ほんとはシアワセなんだよ。次会ったらマジで語りたいな。(*^^*)

この夜食べたのは超美味なデミグラスソースのチキングリル。あまりにソースが美味しいのでバゲットも頼んでソース全部拭き取って食べちゃったよ。






iPhoneから送信
posted by おーゆみこ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■しあわせであるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

有能な執事天使に感謝

おはついにも書いたけど、ほんと最近、嬉しい偶然だらけだなー。

まあでも、最近だけじゃない。鬱病になる前にも(その頃はFBじゃなくて主としてツイッターだったけど)たぶん読んでるくれてる人にとってはうざったかったぐらい、ついてるついてる!天使よありがとう!って連呼してた覚えが。

それでも鬱になっちゃったから、人生の一時期にそういうことは不可避なんかもしれないけど、その間も天使は信じてた。きっとこの辛さもなにか意味がある、と、実感できないけど信じよう、信じたい、と思ってた。でも本当にそうだったな。あの辛さがあったから今の有り難みがつくづく素晴らしいと思えて、感謝の念がいや増すもの。

私には超有能な執事役の天使がついててくれると、本気で思ってる。

私が何かしたいと思うと、執事天使は「それではお嬢様(σ(^_^;))、このようなのはいかがでしょう?」
とすぐにアレンジしてくれる。だから私は、
「うむ、苦しゅうない。よきにはからえ」
と…(^^;;

いやでも本当は、
「ありがとう!いつもいつも本当にありがとう、感謝しています」
と言うよ。心からね。







iPhoneから送信
posted by おーゆみこ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■しあわせであるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。