2006年05月29日

受け身のF(?)

バリ(?)Tの連れ合いと話していて、いや有り体に言えば喧嘩して、その後やや冷静になって考えていて、反省を含む様々な思いの中でまたF−Tに関する別の側面に考えいたった。

Fは(あくまでここではとりあえず便宜的に使っている)色々な物事を、すべて「自分とのかかわり」においてとらえてしまう。もちろんそれが、従来からFについて説明されている通り、「主観的」ということなのだ。それをもっと具体的に分かりやすく考えたい。必ずしも狭い意味での自己チューというのではない。
自分を抑えても他の人のことを考える、というタイプであっても、たぶん基盤は同じである。

他人について、Fはいつも「この人は私をどう思っているのか」という視点からまず発想してしまう。
それが必ずしも悪いと言っているのではない。ただし、そのことに気付いていたほうがいいかもしれないと思った。そうでない人もいる、からである。つい、みんながみんな自分と同じような発想をすると思ってしまう。主観的なF(そしてとくにFJ)はよりそうなりがちだ。それがそもそも性格類型に興味をもつことで最も改善しうる部分だと思うからこそ、しつこくこだわっているのだが、それについてはまたあとで触れる。

Tは(これもとりあえず便宜的に)どうもそうでないらしい。ものごとや人の、「自分とのかかわり」が発想の基盤ではないのだ。人であれモノであれ、自分とは切り離してとりあえず考えられる。ずっとそうであるというわけではなく、どこかで自分とつなげることはあるのだろうが、発想の順番としては、「まず自らとの関わりありき」というFとは異なっている、ようだ。

続きを読む


posted by おーゆみこ at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ■性格類型の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

裸のF

人間の「素」はFなのだと思う。

性格類型のひとつの指標であるF−Tについてちょっと考えている。
詳しくはこちらを見てもらうとして、ここでごく簡単に言えば、なにかを判断するのに感情(F=feeling)を基準にするか思考(T=Thought)を基準にするかという違いである。だがF型がいわゆる意味での「感情的」で感情に流されるタイプ、とは言い切れないし、同様にT型が常に冷静で賢く、だがある意味「冷たい」人間だ、ということも言い切れない。あくまで、(無意識にでも)判断の基準をおくスタンスの違いなのである。
とはいえ、それは「厳密に言えば」ということであり、一般的にはF型は「感情的・柔らかい・温かい」、それに対しT型は「論理的・冷静冷徹」という印象ではあろう。Please understand Uでは、Fを「Tender(柔らかい)」Tを「Though(硬く丈夫)」という語で描写している。

統計的にはF型とT型はちょうど半々ぐらいになるらしい。もちろん、そんなにきっぱり分かれるのではなく、グラデーションで、純粋Fから純粋Tの間にはいろんな色合いがある。

その上で、私はすべての人間の「素」は「F」だと思う。


続きを読む
posted by おーゆみこ at 13:26| Comment(6) | TrackBack(0) | ■性格類型の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。